家を建てる費用

相場は土地やどんな建物にするかでも大きく変わる

家自体の費用は、実は土地よりもだいぶ安いのです。家も、新築で建てる場合、注文住宅と分譲地の戸建てを購入するのでは値段が変わってきます。当然注文住宅のほうが高くなります。新築で家を建てる場合は、どんな土地にどんな形状の家を建てるか、予算はこれくらいまでかけられる、ということなどいろいろなことを考える必要があります。家族の意見もまとまらないといけないなど、クリアしなければならないこともとても多くあるのですが、家作りはとても楽しいものです。

家の構造について勉強しておこう

新築の家を建てる、といっても、まずはどんな工法で建てるのかを決めないといけません。一般的には、在来工法、2×4工法、鉄筋、コンクリート造などがあります。新築の住宅で多いのは、いわゆる、むかしからある木造軸組み工法の在来工法でしょう。これは、大工さんの腕がいいといい家ができます。家を選ぶ際は、丁寧な仕事をしてくれる大工さんがいることが絶対に大切です。今は地震に強い家を求める人も多くなっています。木造でも、金具で補強したりして、耐震性を高める工夫が最近ではなされています。コンクリートや鉄筋も、地震に強い上、火災にも強いということで魅力を感じている人も多くいるようです。2×4工法は、予め工場で組み立てたものを現場に運ぶので、施工期間も短いのが特徴です。